ニュースYeah

ニュースYeahでは、日々発生する出来事を総合的にお伝えします。
政治・経済・スポーツ・事件・事故・芸能ネタやダイエット等々、ためになる記事から話題の情報までお楽しみください!!


    米朝首脳会談の直前 安倍総理 トランプ氏と会談も - テレビ東京
    史上初となる米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催することが決定しました。トランプ大統領は10日、インディアナ州で行われた支持者集会で「米朝会談で大成功を収める」と抱負を語りました。米朝首脳会談の直前にはカナダでG7主要7ヵ国首脳会議が開かれます。
    (出典:テレビ東京)


    金正恩氏、トランプ氏に非公開メッセージ 信頼構築狙う 朝日新聞 2018年3月10日 ^ トランプ氏「取引」自信 米朝首脳会談へ 東京新聞 2018年3月10日 ^ 「米朝首脳会談の日時・場所を調整中」「極めて順調」 トランプ氏がツイート 米韓首脳が電話会談 産経新聞 2018年4月29日 ^ a
    6キロバイト (608 語) - 2018年5月11日 (金) 14:56



    (出典 www.sankei.com)


    米朝首脳会談 シンガポールにて!

    1 孤高の旅人 ★ :2018/05/12(土) 06:10:41.34 ID:CAP_USER9.net

    ※たまたまでスレ立てました
    【米朝首脳会談】北朝鮮の後ろ盾・習近平氏もシンガポールに? 各国首脳が現地入りの臆測
    05月12日 00:10

     【北京=藤本欣也】史上初の米朝首脳会談が6月12日にシンガポールで開催されることが決まったことを受け、他の首脳もシンガポールを訪問するのでは-との臆測が流れている。

     これに関連して、中国外務省の耿爽報道官は11日の記者会見で、習近平国家主席が6月12日ごろ、シンガポールを訪問するのかとの質問に直接答えず、「米朝首脳会談が前向きの成果を挙げることを期待する」と述べるにとどめた。

     習氏はこの1カ月あまりの間に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と首脳会談を2回行うなど、金氏の“後見役”としての地位を誇示している。また、朝鮮戦争の休戦協定に署名したのは国連軍代表の米国と北朝鮮、そして中国だ。しかし北朝鮮の後ろ盾である中国の参加を米国が認めるのか-と否定的な見方もある。

     このほか4月の南北首脳会談では、米朝に韓国を加えた3カ国、米朝に中韓を加えた4カ国で、終戦宣言や平和体制構築の協議を行うことで合意している。

     日本としても、条件が満たされれば、北朝鮮との首脳会談を開催する一つの機会になりうるものだ。

     米朝首脳会談までの約1カ月間、さまざまな調整が行われる可能性がある。


    【【米朝首脳会談】 北朝鮮の後ろ盾・習近平氏もシンガポールに? 各国首脳が現地入りの臆測】の続きを読む


    【画像あり】大物同士の鬼ごっこ対決!

    1 名無し募集中。。。 :2018/05/05(土) 17:47:40.06 0.net

    大谷とイチローが対面 鬼ごっこ→笑顔で握手

    エンゼルス大谷翔平投手(23)が、前日マリナーズの特別補佐に就任したイチロー(44)と対面した。

    試合前の練習中にイチローにあいさつに向かったが しかとされ逃げられてしまった。
    鬼ごっこのように必死に追いかけると笑顔で握手を交わした。
    https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805050000258.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【イチローさん、挨拶に行った大谷をシカトして逃げてしまう】の続きを読む

    当サイトは、ニュースに関する情報の5chやTwitterの声をまとめています。

    記事・ツイートの削除依頼などは、メール・メールフォームからご遠慮なくお申し付けください。

    当ブログメールアドレス

    beauty_matomel@yahoo.co.jp


    【相互リンク・RSSについて】
    当サイトは、リンクフリーです。
    相互リンク・RSSに関しましては、当ブログを追加後に依頼をお願いいたします。
    確認が出来次第こちらにも追加いたします。

    また公序良俗に違反しているサイトやアダルトサイトまたは、
    管理人がそぐわないと判断したサイトはお断りする場合もございますのでご理解をお願いいたします。

    サイト名・・・ニュースyeah

    サイトURL・・・http//newsyeah.blog.jp

    RSSURL・・・http://newsyeah.blog.jp/index.rdf


    【著作権について】

    当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
    著作権を侵害する意図は全くございません。
    掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。

    このページのトップヘ