ニュースYeah

ニュースYeahでは、日々発生する出来事を総合的にお伝えします。
政治・経済・スポーツ・事件・事故・芸能ネタやダイエット等々、ためになる記事から話題の情報までお楽しみください!!


    母は浅野温子 NHK魚住アナ「あさイチ」登場で髪をかきあげ…華大に突っ込まれる
    母は浅野温子 NHK魚住アナ「あさイチ」登場で髪をかきあげ…華大に突っ込まれる  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)


    2018年7月の平成30年7月豪雨に関連し中国地方の岡山県に続き、応援で四国地方の愛媛県へ派遣され、被災地からのレポーターを担当した。 ^ “浅野温子長男NHK魚住アナ、同い年一般女性と結婚”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年1月8日). https://www.nikkansports
    3キロバイト (330 語) - 2018年9月28日 (金) 23:46



    (出典 cdn.narinari.com)


    反動で地味になったという節も

    1 名無し募集中。。。 :2018/11/15(木) 10:07:06.50 0.net

    ソースはTwitter


    【【魚住アナ】え~~~!!びっくり!!NHK魚住アナウンサーの母親が浅野温子らしい。】の続きを読む


    タオルで床をたたいた稀勢の里 逆転負けで4連敗
    タオルで床をたたいた稀勢の里 逆転負けで4連敗  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    ^ 稀勢の里、秋の綱獲り消滅/名古屋場所日刊スポーツ2013年7月22日配信 ^ 稀勢の里、初場所で綱とり=大相撲時事ドットコム2013年11月24日配信 ^ 『相撲』2014年2月号118頁から119頁 ^ 、足痛めピンチ 苦痛に表情をゆがめる/初場所
    139キロバイト (21,968 語) - 2018年11月10日 (土) 14:58



    (出典 i.daily.jp)


    軍配差し違えで星を落とし、4連敗に・・・
    どーする、稀勢の里!!

    1 ベクトル空間 ★ :2018/11/14(水) 23:01:09.66 ID:CAP_USER9.net

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111401291&g=spo
    (全文はリンク先見てください)

    ◇紙一重の勝負にも敗因

    軍配は稀勢の里に上がったが、物言い。横綱の肩が落ちるのが
    、栃煌山の左足が徳俵の角から浮いて体が飛ぶのよりもほんのわずかに早く、
    行司差し違えの判定が下った。
    紙一重の勝負。前日までと違って左差しだけにこだわらず、右も使った。
    5日目以降に光明が見えたとも言える。
    だが、一度すくわれて体が伸びたまま出たこと、右の肘が開く悪い癖が出てすくわれたことなど、
    やはり負けに「不思議の負け」はなかった。横綱が大関以下に負けて「善戦」とは言わない。
    不戦敗を除いて横綱が初日から4連敗したのは戦前の宮城山以来、87年ぶり。
    15日制定着以降では初めての不名誉な記録となった。
    3連敗から勝ち越した経験がある芝田山親方(元横綱大乃国)は
    「人が認める、認めないじゃなくて自分がやり切れるかどうか。
    周りがとやかくいっても仕方ない。8勝でいいじゃないか」と見守るが、
    進退を懸けた先場所と違って、親方衆や関係者の間には厳しい本音が広がり始めた。

    「マスコミが、3連敗が過去に何人いるなんて書くから、まだ許されると思うんじゃないの」
    「横綱は同情されたら終わりだということが分かっていないのでは」

    この日も、支度部屋では全く口を開かなかった稀勢の里。
    前夜同様、福岡県大野城市の部屋宿舎へも報道陣が詰め掛けたが、師弟は対応しなかった。
    (時事ドットコム編集部)(2018/11/14-21:40)


    【【大相撲】 稀勢の里4連敗。支度部屋 稀勢の里は、タオルで床をたたいた。芝田山親方「8勝でいい」と擁護【画像あり】】の続きを読む


    紅白出場歌手決定 いきものがかり出場 BTSは選ばれず
    紅白出場歌手決定 いきものがかり出場 BTSは選ばれず  産経ニュース
    (出典:産経ニュース)


    紅白結び 紅白紅白紅白音楽試合 NHK紅白歌合戦(NHK) 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル(フジテレビ) AKB48紅白対抗歌合戦 紅白戦 - 野球やサッカーなどの試合形式の練習で、同一のチームを2組に分けて行う試合の方式。 紅白帽 ベテルギウスとリゲル 源氏星と平家星
    5キロバイト (528 語) - 2018年11月14日 (水) 15:12



    (出典 www.musicvoice.jp)


    最多出場は、白組の五木ひろしさんで48回目。
    昭和代表だね。

    1 風吹けば名無し :2018/11/14(水) 14:32:17.65 ID:z3GPFPknM.net

    https://www.nhk.or.jp/kouhaku/artist/index.html
    ※前スレ
    【速報】紅白出場歌手決定 Part.2
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542171205/


    【【速報】紅白出場歌手決定。 韓流グループの「BTS(防弾少年団)」は選ばれなかった。】の続きを読む


    福岡:元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意
    福岡:元貴乃花親方、自衛隊車両運転 内規違反で隊員注意  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)


    貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の元大相撲力士、第65代横綱、元親方。元一代年寄貴乃花貴乃花部屋の元師匠、元日本相撲協会理事。所属した相撲部屋は藤島部屋、後に二子山部屋。相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)、総合企画部長、巡業部長を歴任。
    113キロバイト (15,724 語) - 2018年11月11日 (日) 23:52



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    何かとニュースになってしまいますね。

    1 ひかり ★ :2018/11/14(水) 12:00:18.39 ID:CAP_USER9.net

     福岡県田川市で4日に開催されたイベントで、元貴乃花親方の花田光司さん(46)が自衛隊の四輪駆動車を無資格で運転していたことが分かった。
    自衛隊は内規で車両は資格を持つ隊員が運転すると定めており、自衛隊福岡地方協力本部飯塚地域事務所(福岡県飯塚市)は5日付で元親方を乗車させた
    自衛官4人を内規に違反したとして口頭注意した。

     陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市)によると、イベントは「TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり」。4日午前9時半ごろ、
    市たがわ魅力向上大使として来場した元親方に飯塚地域事務所の自衛官が写真撮影を要請。荷物運搬用の四輪駆動車の運転席に乗車させた。その際に
    元親方がエンジンをかけ会場内を一周した。自衛官は声を出して制止したが、窓が閉まっていて伝わらなかったという。

     同乗した支援者の男性(52)は「求められて乗ったので、運転したらいけないとは思わなかった」と話した。同総監部広報室は「写真を撮る際に
    『運転はできませんよ』と言うべきだった」と話している。【峰下喜之】

    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000047-mai-soci


    【【貴乃花】元貴乃花親方、自衛隊車両を無資格運転 内規違反。貴乃花は「ルールを知らなくて悪いことをした」と話しているという】の続きを読む


    「ロベカルのシュート、捕れるとは…」川口能活引退会見
    「ロベカルのシュート、捕れるとは…」川口能活引退会見  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)


    川口 (かわぐち よしかつ、1975年8月15日 - )は、静岡県富士市出身のプロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー(GK)。 日本代表としてFIFAコンフェデレーションズカップ2001ベストイレブン、AFCアジアカップ2004ベストイレブンなどの受賞歴を持つ。国際Aマッチ出場数は日本代
    62キロバイト (6,394 語) - 2018年11月12日 (月) 22:33


    ワールドカップ(W杯)に4度臨んみ、大活躍を見せた。
    引退は名残惜しいが。「お疲れさまでした。ありがとう。」

    1 Egg ★ :2018/11/14(水) 19:38:42.68 ID:CAP_USER9.net

    日本代表としてW杯に4度選出され、国際Aマッチ116戦に出場したJ3相模原の元日本代表GK川口能活(43)が14日、相模原市内で引退会見を行った。

     「この1、2年プレーを続けるか引退するか、その狭間で揺れていた。サッカーが好きだから続けたい、でも試合に出られない」と葛藤を明かした川口。現在は「やり遂げた気持ちとまだできるという気持ちがある。完全燃焼したかと言えばまだいろいろある。だけど悔いはない。常にベストを尽くしてこの決断に至ったので後悔はしていない」と心境を語った。

     25年間の現役生活で一番の好セーブを問われると、96年アトランタ五輪ブラジル戦でロベルト・カルロスのシュートをキャッチしたことを挙げ、「あれはキャッチできるとは思わなかった」。06年ドイツW杯ブラジル戦でジュニーニョ・ペルナンブカーノのシュートをセーブしたことも思い出に挙げ、「指先1本で触った。少しでも指の位置がずれていたら折れていたかもしれない。その2つは忘れられないセーブだった」と振り返った。

     GKというポジションについて「最後の砦で頼れる存在。不動のメンタルが必要」と語った川口。もう一度サッカー人生を歩むならどのポジションを選ぶかを問われると「やっぱりキーパーです。大変なこともあったけど、キーパーの練習が好きでした」と即答し、“キーパー愛”をにじませた。

    11/14(水) 16:32配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000125-spnannex-socc


    【【サッカー】<川口能活>炎の守護神、川口が引退会見!25年間の現役生活で一番の好セーブはアトランタ五輪ブラジル戦でロベカルのシュートをキャッチ...【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ